新郎新婦

素材選びやコーティング

カップル

安全に身につけ続けるため

名古屋には、結婚式や披露宴を他の地域よりも派手に行うという風習があります。巨大なウェディングケーキを用意したり、お色直しの回数を多めにしたりといった具合ですが、これは名古屋に、ゴージャスな装いを好む人が多くいるからです。そのため結婚指輪も、ゴージャスに見えるものに高い人気があります。一般的に結婚指輪は、常に身につけるために、手作業の邪魔になったり目立ったりしにくいものがよく選ばれています。具体的には、凹凸の少ないシンプルな形状と、淡い色合いをしたものに需要があるのです。しかし名古屋では、ウェーブタイプやエタニティタイプなど、インパクトのあるデザインが好まれていますし、色合いもピンクゴールドとプラチナのコンビなど、カラフルなものが注目されています。ただし金属アレルギーのある人は、こういった結婚指輪を十分に注意して購入する必要があります。なぜなら強度を高めて形状を安定させるため、そして色合いを整えるため、金属アレルギーの原因となるパラジウムや銅が混ぜてあるからです。逆に、これらをほとんど混ぜていない、純度の高いゴールドやプラチナを使った結婚指輪の場合、金属アレルギーのリスクは低めとなります。そしてさらに表面をチタンでコーティングをすると、金属アレルギーが一層引き起こされにくくなります。しかも強度が高まりますし、色合いも名古屋の人の好みに合わせて、カラフルに変化させることが可能となるのです。